プログラミングの始め方

プログラミング

はじめに

私がわざわざ言うまでもなく、最近はプログラムへの学習熱が高まっています。
「機械学習のためにPythonがオススメ!」とか「SwiftやGo最近出てきてる!」とか「なんだかんだでRubyが学びやすい!」とか、
これからプログラムを学ぶ人に対する「オススメのプログラミング言語」の情報が溢れています。

しかし、実際にプログラムを学習しようとして困ってしまうのは、
どうやって勉強すれば良いのか?
ではないでしょうか?

内容

この記事では、私が今まで学習してきた方法を例にして、誰でもプログラミングを学習を始められる方法について解説していきます。

実行

私がプログラムを学習した順序は、大まかに言って下記の通りです。

  1. Progate
  2. 書籍
  3. 専門学校

一つ一つみていきます。

Progate

Progateとは、「プログラミングのオンライン学習サイト」の事です。
https://prog-8.com/

無料コースと有料コースがありますが、もちろん有料コースの方が多くのコンテンツを利用することができます。

学習の仕方は、

  1. コースを選ぶ(HTML,CSSから、Gitなどもあり)
  2. 説明を読む
  3. クイズ形式でコードを書いていく

となります。

TwitterやFacebookのアカウントがあればすぐに登録することができ、
有料会員の場合も月額980円とお財布に優しいです。


「クイズ形式でコードを書いていく」と上述しましたが、Progateは自分でコードを書かずに、すでに用意されているコードをコピー&ペーストしていく形式です。

こう書くと「それだとプログラミングできるようにならないんじゃ?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
確かに、Progateだけで一人前のエンジニアになるのは難しい、と思います。
Progateは「学習サイト」なので、それぞれのパソコンの開発環境によらない、
言い換えれば「Progate
で書いたコードが、自分のパソコンでそのまま動かない」事が起こり得るのです。

しかし、それでも私はプログラム学習の最初の一手として、Progateを強く推薦します。
その理由は、

学びたいプログラミング言語の全体像がわかる

コピー&ペーストでも、一つの長いコードを完成させると、その言語をどういう風に書くのか解ります
「変数はどうするのか?」とか「関数はどう書くのか?」というのがなんとなく解ってきます。

始めるのが気楽

前述しましたが、Progateは簡単に登録して始める事ができます。
実はこの事はプログラム学習において非常に重要です。

プログラムに対して、大抵の人は「難しそう…」「続ける以前に、どうやって始めればいいのか解らない…」という印象を持っています。
私でも、学習した事ない言語については同じ印象を持っています。

そのため、気軽に始められて楽に進められるProgateは、プログラムを始める際に大きな力となります。

書籍学習

Progateでプログラムに慣れた後は、書籍を利用して学習すると良いでしょう。
最近の書籍は初心者向けも多く、パソコンにプログラム言語をダウンロードする方法も載っていたりします。
RubyやJavaScriptは色んな種類が出ていますし、HTML,CSSなんかは「こんな技があったのか!?」と驚くような内容の書籍も少なくありません。

書籍を使った学習で辛いのがエラーです。
前述した通り、開発環境は各々のパソコンで違うので、書籍通りに学習が進められない事があります。
そんな時は、インターネット検索してみると、意外にピンポイントな情報が載っていたりするので、大いに活用するべきです。

専門学校

プログラム系の専門学校については「通うべき」と「通う必要はない」で派閥が別れているようですが、私は断然通うべき派です。

色々と理由はありますが、一つは「色んな理由でプログラム学習を始めた人と出会える」という事です。
私がプログラム学習を始めたきっかけは「そういう分野が向いている」と言われたからで、元々所属していた業界も「建設系」なのですが、
実際に学校に通い始めると、「一旗揚げようと思った」とか「元々は営業」とかいう人に出会って、「プログラム学習を始めるきっかけ・始めようとする人」の種類は多種多様である事を実感しましあ。

*この事は、別途投稿したいと思います

私が通っていたのがTECH::EXPERT(現TECH::CAMP)です。

全国いつでも、どこでも受講可能。
未経験でも挫折しない完全無料のテクノロジー学習TECH::CAMP
参加者限定特典あり!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BDIMP+33XIIA+3JWG+HVNAR

他の専門学校に言ってないので正確ではないかもしれませんが、次の事が優れていると思います。

雰囲気が良い

受講生・講師(ライフコーチ・メンター)の人が全体的に穏やかで、向上心を持っている所が素晴らしい。
こういう事をやりたいんです」というチャレンジ精神を肯定してもらえるし、
こういう事で悩んでるんです…」という事にも親身になってくれます。

チームでの開発を体験できる

これは別途書かせて頂きますが、カリキュラムの中に「チーム開発」があります。
実際にプログラマーとして仕事する時は、個人で開発するだけではなく、チームで開発する事も多いみたいなので、こういったカリキュラムはとても良いです。
また、チーム開発を通して、チームメンバーから様々な知見を得られるので、自身のプログラム学習に役立つだけではなく、チームメンバーの学習にも貢献できます

終わりに

プログラムに限らず、学習に必要なのは「モチベーションの維持」だと思います。
本記事ではモチベーションを保つ為の学習方法について、出来る限り書かせて頂いたつもりなので、参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました