質問の第一歩

学習

はじめに

学習でも仕事でも、質問する事は大事です。
一人で悩んでいたら丸一日かかることも、質問すれば数分で解決することも珍しくありません。

しかし、質問を使いこなしている人は多くありません。
その理由は質問の仕方が下手というよりは、質問ができないという事が多いのでしょうか?

本記事では、

  • どうして質問できないのか?
  • どうやって質問するのか?

という事について書かせて頂きます。

内容

どうして質問できないのか?

例えば、海外旅行した時に道が分からなくなったので、誰かに聞く場面を想像してみます。
恐らく、その時次のような事を考えるのではないでしょうか?

  • 言葉が通じるだろうか?
  • 外国人だという事で警戒されないか?
  • この人は道を知っているだろうか?

若干被害妄想を含みますが、おおよそこのような事を考えると思います。

これを一般化すると、次のようになります。

  • 質問を理解してもらえるか?
  • 自分が質問しても大丈夫か?
  • 質問相手として適切か?

という事です。

どうやって質問するのか?

プログラミングスクールのTECH::CAMPでは、プログラミングの技術だけでなく適切な質問の仕方も学びます。

学んだ事を元にすると、前述の心配事は次のように対処する事になります。

  • 質問のフォーマットを作る
  • マナーを守れば大丈夫
  • 質問対応専門の人に聞く

質問できないのはどうすればいいのか判らないからです。
こうやって質問すれば良いという事が解れば、最初の一歩が踏み出しやすくなります
そうなれば、後は回数をこなせば、質問に抵抗がなくなってきます。

終わりに

本記事の内容は、後日もっと掘り下げたものを再投稿したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました