JAPAN MENSAに入会するまで

メンサ

はじめに

私は2019年6月にメンサの入会試験を受けて合格し、同年8月に入会しています。
今でこそメンサの知人は増えましたが、入会前は知人にメンサはおらず、そもそも「メンサって何?」という人だらけでした。

最近だとテレビ出演するメンサ会員も増えて、認知度は徐々に増えてきています。
しかし、「メンサって何?」という人は相変わらず多いと思います。
そこで、本ブログにてメンサとはどういうものか?どうやって入るのか?という事を、話せる範囲でお伝えできればと思います。

そもそもメンサって?

メンサとはある一定以上のIQを持つ集団です
ある一定以上というのが全人口の内上位2%と定義されています。
テレビではIQ130以上とかIQ148以上だとか色々な数値を見ますが、これは知能テストの方式が複数あるためです
メンサ内ではIQ130以上というが一般的な認識に思われます。

どうやって入るのか?

いくつかありますが、大半の人は入会試験を受験し、合格してから入会します。
このテストは15歳以上の年齢制限があり、15歳未満の人は別の方法で入会することになります。
全国各地で不定期に開催されます。
詳しくは公式ページが詳しいです。
https://mensa.jp/join.html

私はどうしたか?

私が入会しようと決心したのは2019年4月になります。
この時、声優の小岩井ことりさんが入会されたのを知り、ちょっと受けてみようと思ったのがきっかけです
前述した通り入会試験は不定期に開催されるので、当然案内も不定期。しかも、受験希望者に対して受験者枠が少ないので、申し込むのが遅くなれば受験する事ができません。
そうなれば、またいつ開催されるか判らない入会試験を待ち続けることになります
私もそれは避けたいので、受験を決心してから毎日、暇さえあればメンサのホームページをチェックしてました
朝一番にチェック・出勤する前にチェック・昼食時にチェック・帰ってすぐチェック・寝る前にチェックという風に、我ながら狂気を感じるペースで受験案内を待ち続けていました。

そして受験を決心して約1か月、ついに受験申し込みができるようになったので、迷うことなく受験申し込みを行いました。

実際に受験があったのが申し込んで約1か月後。
試験に備えて、知能テストを解いてみたり、体調整えたりと自分なり対策を行いました。
そして試験当日。
詳細はお話しできませんが、「多分受かるんじゃないか?」という手応えと共に試験を終える事ができました。

さらにその1か月後、そろそろ寝ようと布団に入ろうとしたら携帯電話にメールの通知。
「もしや…」と思って見てみたら、「入会する資格があります」とのメールが届いていました。
その時点では入会できてなかったので、記載されていた入会手続きを済ませ、2019年8月5日に無事入会する事ができました。

終わりに

今回は「メンサとは何か」「自分はどうやって入ったか?」ということについてザッと書かせて頂きました。
今後もお話しできる範囲で、メンサについて語っていけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました